「清々しい秋日和。。。」とは、
10月のためにあるような時候の挨拶ですが、
ここ数日は、夏に逆戻りしたかのような暑い日が続いております。

皆さま、如何お過ごしでしょうか。

水やりをしてくれる主人が、
今日も蚊に刺されたと騒いでおりました。

アロマの虫除けスプレーもあるのに、
面倒くさいと言って使わないのです

やがて死にゆく命、蚊も種の存続に必死なのでしょうか。
秋の蚊に刺されると、痒みを強く感じると聞いたことがありますが、
実際はどうなのでしょうか。

蚊はやっかいな病気を媒介することもあるので、
刺されないように気を付けないといけませんね。

しかし、10月というのに、まだ蚊がいるなんて。。。
温暖化が加速し、蚊も越冬ってことになったら大変ですよね


さて、前回に引き続き、ホテル賀茂川荘のお話です。
ホテルの玄関を入ると直ぐに、
書家、村上俄山氏の書が迎えてくれます。

17Sep40.jpg



草紋狛犬(阿)
17Sep42.jpg
目の前には、なんとも愛嬌のある狛犬が鎮座しておりました。
誰もが笑顔になる、とってもひょうきんな顔。


草紋狛犬(吽)
17Sep41.jpg
館内には、奥田玄宗氏の日本画や、
その門下生の作品が常設展示されており、
さながら美術館のようです。

今回は展示作品の一部をご紹介いたします。
利用客であれば、無料で鑑賞できるので、
二倍楽しめますよ

お食事処にも展示されており、
本当に贅沢な空間となっています。



お食事処
17Sep44.jpg



17Sep24.jpg
幻想的なこの花は、パッションフラワー。

最近はホームセンターでも見かけるようになりましたが、
アメリカ大陸原産の蔓植物です。

メディカルハーブとしての歴史も長く、
不安や不眠にも用いられてきました。

欧州ではキリストの象徴といわれる花ですが、
日本画の題材として描かれていることが、
とても新鮮に映りました。



『春宵』
17Sep25.jpg



『待月』渡辺洋子
17Sep45.jpg
奥田玄宗の夫人、小由女さんも人形作家。
この作家さんは、小由女さんの門下生なのでしょう、
雰囲気がとても似ています。



『花菖蒲』加藤 智
17Sep27.jpg



『大瑠璃』加藤 智
17Sep28.jpg



『桜花』加藤 智
17Sep29.jpg


『在平素』奥田玄宗 書
17Sep30.jpg
「平素にあり」という禅語です。
ごく当たり前の行いの継続が、大事であるという意味で、
日本画家、川合玉堂氏の座右の銘だと聞いています。



『浅間早雪』奥田玄宗
17Sep32.jpg
奥田玄宗氏の故郷は、現・広島県三次市吉舎町。
子供時代を自然豊かな地で過ごしたことが、
後に風景画家としての道に進む大きな要因になったと、
自伝にありました。

奥田玄宗氏の作品というと、迫力ある風景画。
それも元宋の「赤」といわれるように、
観る者を圧倒する力強い作品。
作者のほとばしるような情熱が伝わって来るようです。




『牡丹』奥田玄宗
17Sep33.jpg
さぞかし情熱的な人だと想像していたのですが、
おとなしく内気な性格だったそうです。

本名は厳三(げんそう)。
その漢字からは想像もつかない程、
草木や小さな虫の命でさえ、
尊ぶ優しい子供だったようです。

私たちが嫌う、蛾やハエ、ゴキブリでさえ、
元宋氏は決して殺めることなく、
家の外に逃がしていたそうです。

自然や小さな生き物の命を尊ぶ心がなければ、
大自然など描くことはできないと。。。

奥田玄宗というと、風景画。
今まで、私の中でそんなイメージしかありませんでしたが、
やはり多くの作家が歩んだように、
絵のテーマは年齢を重ねるごとに、変わっていったようです。

若い頃は風俗画や武者絵など人物を描き、
その後、次第に風景画へと変わっていきました。
東京大空襲で焼失した作品もあるそうです。
残念なことです。



『あざみ』奥田玄宗
17Sep34.jpg
それにしても、
賀茂川荘に、これほどの作品があることには
本当に驚かされます。

実は、このホテルの創業者夫人が、
元宋氏の姉、千代子さんだということもあって、
後に社長に就任された甥の夢に、
元宋氏が賛同して実現したそうです。

まさに、文化の香りのするホテルだと思います。

『静物』奥田玄宗
17Sep35.jpg



『待月』奥田玄宗
17Sep37.jpg



『奥入瀬そうそう』奥田玄宗
17Sep38.jpg



『巣鶴』奥田玄宗
17Sep39.jpg



『秋耀白雪』奥田玄宗
17Sep36.jpg

(ホテルの方に許可を得て撮影させて頂いております)

日本を代表する画家として大成された元宋氏ですが、
短歌や漢詩にも造詣が深く、
絵にも4字の漢字の題名が付けられた作品も多くあります。

常に探求心や向上心を持ち、努力を怠らず、
その道を究められた日本画家、奥田玄宗氏は、
2003年逝去されました。

2005年、
ご夫婦の夢であった、「奥田玄宗、小由女美術館」が、
故郷の広島県三次市に開館し、
お二人の素晴らしい作品が数多く展示されています。

大作もあり、見応え充分です。
機会があれば、是非訪れてみて下さいね。


スポンサーサイト
母と妹の女三人で、
「ホテル賀茂川荘」に行ってきました。

お得な日帰り「女性限定プラン」は、
美味しいお料理と温泉入浴のセット。

足腰の痛みがあって、
遠出ができなくなった母も、
毎年訪れるのを楽しみにしています。

お部屋も貸し切りで、
ゆったりと過ごせるのが嬉しい!


ホテル賀茂川荘(広島県竹原市西野町西湯坂)
17Sep15.jpg
「安芸の小京都」と呼ばれる竹原は、
江戸時代に開かれた塩田によって栄え、
豪商たちが築いた白壁の美しい街並みが、
今に受け継がれています。

NHKの朝ドラ「まっさん」が放送されたことで、
多くの人に知られるようになりましたが、
街並保存地区には、
『日本外史』を著した「頼山陽」の祖父、
頼惟清の旧宅などもあり、
歴史散歩を楽しむのも良し。。。


ホテルロビー
17Sep14.jpg
このホテルは、
街並み保存地区とは少し離れていますが、
広島空港や山陽自動車道からほど近く、
交通の便は良いです。



17Sep09.jpg
1500坪の日本庭園は手入れが行き届き、
四季折々に変化する景色は、
訪れる度に私たちの目を愉しませてくれます。




17Sep10.jpg




17Sep11.jpg




17Sep12.jpg
部屋に通され少し休んだ後は、
三人で温泉に入りました。

時間も早かったためか、
嬉しいことに貸し切り状態でした。

信楽焼きの露天風呂や岩風呂など、
色々なお風呂を楽しんだ後は、
美味しいご飯が待ってま~す



お食事処
17Sep16.jpg



17Sep17.jpg




17Sep18.jpg




17Sep19.jpg




17Sep20.jpg




17Sep43.jpg




17Sep21.jpg




17Sep23.jpg
少しずつ運ばれてくる目にも美しいお料理の数々。
味も大変美味しくて、
お腹も心も充分満たされました。

朝、合流した時には、
母の支度が遅いと、妹と少し険悪なムードでしたが、
美味しいものを食べた二人は満面の笑み。
何事もなかったように、仲良しになっていました(笑)

うふふ。。。
美味しい食事は、人を笑顔にする力がありますね。。。

今日はこの辺で!
次回は、このホテルに収蔵されている、
秀逸の日本画の数々を、
ご紹介いたします。
季節はもう秋。
なのに、8月の講座について、
アップするのもどうかと思いつつ。。。
のんびりブログの更新しております



アロマのクレイパック
120220.jpg
クレイとはミネラルを豊富に含んだ「粘土」のことで、
古代ローマ時代から医療に使われていたそうです。
クレイは化粧品グレードのものを使いましょう。

クレイパックは、
シンプルに水だけで作ることもできますが、
フローラルウォーターや植物オイル、
ハーブパウダー、蜂蜜などを加えて楽しむこともできますよ。



冬瓜のスープ
15Aug08 (2)
アロマクラフトも季節に即したものを考えていますが、
ハーブ料理も、なるべく旬の食材を使うようにしています。
時季のものは栄養価も高くて、お財布にも優しいです!

ということで、
夏の野菜である冬瓜のスープを作りました。

冬瓜は漢方として昔から使われていたそうで、
体を冷やす性質と利尿作用があると言われ、
クールダウンしたい暑い夏に適した食材ですね。

栄養価は高く低カロリーなので、
ダイエットにも適しています。

鶏肉のスープを煮出すときには、
レモングラスが活躍します。
スープに爽やかなレモンの風味を添え、
鶏肉の臭みを消します。

ただ、量が多すぎると苦みを感じるので、
ほどほどに。。。

食す時には、
コリアンダーをたっぷり散らして。。。
コリアンダーが苦手な方には、三つ葉を代用します。

生徒さん達には、
ハーブアイピローなどのクラフトも人気なのですが、
どちらかというと、ハーブを使ったお料理の方が喜ばれます。

私たちの体は食べ物で作られているのですから、
毎日の食事はとても大切ですね。

これからハーブやスパイスレシピをもっと増やせるよう、
日々の暮らしの中で実践して行きましょうか。

食欲の秋、天高く馬肥ゆる秋。
ちょうど、いい季節かも。
でも、ほどほどにしないとね(笑)



欧州滞在中の娘から送られて来た写真。
最近、テレビで目にしたクライミングに挑戦したのかな
室内練習場の壁を登っているのかと思いきや。。。



17Sep02.jpg



17Sep03.jpg
次の写真を見てびっくり。
腰を抜かしそうになりました

な、な、なんと。。。
娘は凄いところを登っておりました。


世界一高いクライミングタワー
17Sep04.jpg
イッテQのイモトさんが登られたそうで、
娘も、かねてより登ってみたいと思っていたそうです。

今回、フライトのついでに、
ついに挑戦したみたいです。

なんと、タワーの高さは37メートル。
12階のビルの高さほどあるのだそうです

しかもタワーの上方は凄い傾斜。
娘はこんな凄い所を3往復もしたそうですよ。

高所恐怖症の私は例え1000万円積まれても、
丁重にお断りいたします(笑)

インストラクターの人に、
「筋がいい」とお褒めの言葉を頂いたようで、
とても楽しかったと申しておりました。
病みつきになるかもしれません

小さい頃からとてもおてんばで、
ジェットコースターに乗るのが大好きだった娘。

今では、高度13000mの上空、
誰よりも高い所で仕事をする人になってしまいました
夏はそれでなくても体力を消耗するので、
ハーブクッキングはできるだけ火を使うレシピは避け、
簡単にできるものを考えています

今月の「アロマ&ハーブ講座」のクラフトは、
アロマの虫除けスプレーと虫刺され用ジェルローション、
そして手作り粒マスタード。

クラフト作りの前に、
使用する精油や市販の防虫スプレーなどについて、
また、手作りマスタードに使用する材料など、
オリジナルテキストに沿って、少しお勉強していただきました。



17Jul03.jpg
フランス発祥だといわれる粒マスタード。

フランスのマイユのマスタードは、日本でも有名ですね。
手作りするなんて思ってもみなかったのですが、
材料さえ揃えば簡単にできるということで、
初挑戦しました。
 


[材料]
・イエローマスタード    30g
・ブラウンマスタード    20g
・塩          小匙1/4杯
・リンゴ酢          45ml
・白ワインビネガー    45ml

[作り方]
①2種類のマスタードをすり鉢に入れ、軽く傷つける程度にすり混ぜます。
②清潔な瓶の中に、マスタードを入れ塩を加えます。
③②の中に酢をゆっくりと注ぎます。
④2日間は常温に置き、3日目から冷蔵庫に入れて熟成させます。

・1週間ほどで食べられますが、1か月ほど熟成させるとより美味しくなります。
・ブラウンマスタードの方が辛みが強いので、分量を少なくしています。
 
〔料理研究家、オオサワ エイコさんのレシピを参考にさせていただきました。〕


17Jul04.jpg
マスタードは、ファラオの墓まで遡るといわれ、
古代ギリシャ・ローマ時代には、
炎症の治療に用いられていたそうです。


17Jul05.jpg
現代の研究で、マスタードの種子には、
注目すべき働きが明らかになっているようです。

詳しいことはまたの機会に。。。
美味しく食べて健康になれば、まさに一石二鳥ですね。



17Jul07.jpg
酢を注いで1時間もすると、マスタードが酢を吸って膨らみます。

出来上がった粒マスタードは、
ソーセージやサンドイッチ、ローストビーフなどに添えてどうぞ!
ドレッシングにも活用していただけます!

酸っぱいものが苦手な方には、
鶏肉のソテーに、
マヌカハニーと粒マスタードを混ぜたソースを。
これもお勧めですよ。

WHAT'S NEW?