上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
まだまだ吹く風は冷たくて、
光あふれる春の訪れが待ち遠しい、今日この頃です

さて、再開した旅行記ですが、
いまだイギリス滞在中でして、
早くオランダに話題を移さないと。。。
忘却の彼方へ
ってことになりそうです

前回は、コッツウォルズのラベンダー畑のお話しでしたが、
引き続き、その界隈のお話です。

歴史と伝統のある英国式庭園。
イギリスで庭造りが始まったのは、
遥か昔、ローマ占領期の一世紀頃というから驚きます。

その長い歴史の中で、
様々な様式の庭園が造られ、
イングリッシュガーデンを巡るツアーも人気なんだそうです。

今回、私たちが訪れたのは、
スノーヒル・マナーガーデン。

駐車場から小路を少し歩いていくと、
こんな素敵な緑のトンネルが出迎えてくれました。

こんな風景に出会うと、
美しいプリンス・エドワード島の魅力を惜しみなく描いた、
「赤毛のアン」の物語を思い出します。


16Jun505.jpg


スノーヒル・マナーハウス
16Jun506.jpg
現在はナショナルトラストに管理されていますが、
16世紀に国王に譲渡されるまでは、修道院の所有だったそうです。

その昔、修道院は祈りの場であると同時に、
薬局のような役割を果たしており、
庭にはたくさんの薬草(ハーブ)が植えられ、
その保存や調整法などが発展して、
後の薬局の原型になったということです。

イギリスを代表する推理作家アガサクリスティの作品には、
有毒なハーブが登場しますが、
ここにも彼女が薬局で働いた経験が知識として生きているのでしょう。
この庭にも、たくさんの薬草が育っていたのでしょうか。

さて、マナーハウスの主要な部分は16世紀に建築され、
その後20世紀の初めに
コレクターであるチャールズ・ウエイド氏に購入されるまで、
多くの所有者と借用者がいました。

彼は家訓でもある、
「何も滅ぼしてなならぬ」を忠実に守り、
相続した富を、
世界中から壮大なオブジェクトを収集することに費やしました。

マナーハウスはコレクションの展示とゲストの宿泊に使用し、
彼自身は隣接する司祭の小さな家に住み、
そこでコレクションの修繕なども行いました。

小さなおもちゃから日本の鎧まで、
たくさんのコレクションが収蔵されています。



16Jun508.jpg



16Jun509.jpg
このイングリッシュ・ガーデンは、
最後のオーナーであったチャールズ・ウェイド氏と建築士によって、
家の延長線にある外部屋としてデザインされたそうです。
 
周囲の美しい風景を借景にし、
果樹園やハト小屋などもある典型的なコテージガーデンです。



16Jun507.jpg
これまで巡ったコッツウォルズの村々は、
なだらかな丘陵地帯に点在していましたが、
ここスノーヒル・マナー&ガーデンは、
標高700メートルの高台に位置しています。

丘の斜面に建てられているので、
美しい丘陵地帯を一望することができます。

清々しい空気を胸いっぱい吸い込むと、
身体の隅々まで浄化されていくような気がします



16Jun510.jpg



16Jun514.jpg



16Jun513.jpg



16Jun512.jpg



16Jun515.jpg



16Jun516.jpg



16Jun517.jpg
オーナーの好きだった詩人の作品を引用したものが、
庭に飾られていると聞きましたが。。。
これかな?



16Jun518.jpg
帰り際に、ジャガイモの花が咲いているのに気づきました。
梨や桃のなどの、果樹もたくさんありました。
ただ愛でるだけの庭ではなく、人々の暮らしと共にある庭でした。

私はフランスに代表されるような人工的な庭より、
自然の美しさを求めたこんな素朴な庭に惹かれます。

スポンサーサイト
少し前のことになりますが、
広島市のひろしま美術館で開催された、
「宮廷画家『ルドゥーテの美花選』展」へ行ってきました。



17Jan31.jpg
昨年5月31日のブログで、
バラにまつわるお話しの中にルドゥーテが登場しましたが、
実物を目にするのは初めてのこと。

ルドゥーテと言うと、バラを直ぐ連想しますが、
今回は2012年に開催された、
「ルドゥーテのバラ展」に続く第2弾ということで、
四季折々の美しい花々、華麗なブーケ、瑞々しい果物などをモティーフにした
版画集《美花選》全144点が展示されていました。
代表作「バラ図鑑」から選りすぐりのバラも、収録されています。




17Jan34.jpg
まだカメラなどなかった時代に、
植物の形状や色を記録するために描かれた細密な植物画は、
主に植物の特徴を記録するためのものでした。

ルドゥーテの植物画は、
記録用の植物画という域を越えて、
花々の本来の美しさを超越するほどの芸術性を併せ持った、
ボタニカルアートの代表的存在です。




17Jan35.jpg
ルドゥーテはマリーアントワネットに仕え、
宮廷の植物収集室の素描画家の称号を得ました。

フランス革命で、ルイ16世一家が幽閉された時には、
タンブル塔に呼ばれて「月下美人」の絵を描いたと言われています。

はかなく美しい月下美人に、自身の身を重ねていたのでしょうか。。。
マリーアントワネットも断頭台の露と消えてしまいました。

その後、ナポレオン皇妃ジョセフィーヌに仕えたルドゥーテは、
皇妃が住むパリ郊外のマルメゾン宮殿の植物を描き、
代表作の「バラ図鑑」、集大成とも言われる版画集「美花選」を制作しました。

写実的でありながら高い芸術性を兼ね備えた彼の植物画は、
ただ鑑賞するためのものだけでなく、
植物学の資料として、絵の技法を学ぶ上においても貴重なものです。

また、ロイカーカム社の洋食器にも見られるように、
彼の植物画は様々な製品となって、
人々の暮らしの中にも生き続けています。

昨年末に終わる予定だった旅行記。
もう半年以上前のことなので、
今さらという思いもありましたが、
やり残したことを一つでも片づけたくて、
また再開することにしました

興味がない方は、どうぞスルーしてくださいね。

これまでのお話は、
ブロードウェイのマナーハウスに宿泊して、
街を散策したり、アフタヌーンティーを楽しんだところまで。。。
翌日はタクシーを半日借りて、近場を巡りました。

コッツウォルズにラベンダー畑があることを娘が調べてくれていて、
季節的にはラベンダーの開花が期待できそうなので、
ワクワクしながら出かけて行きました。

6月下旬のイギリスは、吹く風もひんやりしていて、
ラベンダーの開花状況はいま一つでしたが、
そこにはイギリスではめったに出会えない青空と、
緑の丘陵地帯に薄紫のラベンダー畑が続く
美しい風景が広がっていました。


16Jun501.jpg

以前、息子家族と北海道の富良野に行った時には、
残念ながらラベンダーの見頃は過ぎていました。

自然は人間の思い通りにはならないので、
ちょうど良い時期に訪れることは、なかなか難しいです。
ですから殊更、この光景に出会えたことを嬉しく思いました。


16Jun502.jpg
広大なラベンダー畑は休耕している所もあり、
連作の弊害を避け品質の良さを保つためには、
畑を休ませることも大切なのだと知りました。


16Jun503.jpg

ラベンダーのエッセンシャルオイルは、
こうして育苗から植え付け、そして刈り取りまで、
維持管理する方々のご苦労があって、
私たちの手元に届くのですね。

日頃は多くの人の手を経て、
自然の恵みを享受できるありがたさを、
ともすれば忘れがちです。

栽培されている農場に足を運べば、
エッセンシャルオイルを最後の一滴まで、
大切に使わなければいけないなとの思いを強くします。

16Jun504.jpg
農場にはショップも併設されていて、
イングリッシュラベンダー系のヒッドコート、
ラバンディン系のグロッソ、フレンチラベンダーのストエカスや、
日本では馴染みのない名前のラベンダーの苗もたくさんありました。

他にもエッセンシャルオイルや
ラベンダーの刺繍が施された素敵なグッズが販売されていました。
農場内には精油の蒸留所もあったようですが、
見学が可能かどうかは分かりません。
いつか機会があれば、体験してみたいものです。

幾分寒さが和らぎましたが、
毎日寒い日が続いています。
皆さまお変わりありませんか。

体調を崩しやすいこの時季、
食事や睡眠などに気を付けて、毎日元気に過ごしましょうね。

さて、今月のアロマ&ハーブ講座は、
ローズウォーターを使ったアロマローション、
ハーブソルトと豆乳&ハーブソルトのドレッシングを作っていただきました。


17Jan27.jpg

6、7種類のドライハーブと天然塩で作るハーブソルトは、
市販のものと比べても、塩分はかなり控え目です。

それでもハーブの風味で、
減塩の物足りなさを感じることもないです。

今月は、そのハーブソルトを使って、
豆乳ドレッシングを作って頂きました。

無味無臭で他の素材の邪魔をせず安価なサラダ油は、
市販のドレッシングの多くに使われていますが、
講座では、健康効果の高いエキストラヴァージン・オリーブオイルを使いました。

近年、オリーブオイルの健康効果が広く知られるようになり、
日本でも一般的な食品となりました。

エキストラヴァージン・オリーブオイルは、
オリーブの果実の一番搾りで、科学的な方法や高温での処理がなされていないもので、
酸度が0.8%以下。検査員によって香りや味のテストをパスしたものです。

エキストラヴァージン・オリーブオイルの成分の中でも、
豊富に含まれるオレイン酸は、
善玉菌を減らさず、悪玉菌を抑制し、
動脈硬化や高血圧を防ぐ作用があるといわれています。

また、ポリフェノールなどのフィトケミカルやビタミンEを豊富に含み、
抗酸化作用も期待されます。

様々な健康効果が注目されていますが、
安価なオリーブオイルは、
蒸気や溶剤などを利用して精製されているため、
抗酸化成分や有効成分が取り除かれており、
もはや自然食品とは言えないでしょう。

講座では、こんなお話も少し。。。
手作りの良さは、食品や食材を自身で選択できること。
そんな時に、少し参考になればと思っています。

昨日、お隣のワンちゃんを預かりました。
でも、今回は残念ながら日帰りでした。

「いつも頼ってばかりで、ごめんなさい」
と、奥さんが申し訳なさそうに言われました。

私の方は、もちろん快諾しました。
余程のことがないと、お願いされる方でないのを知っていますし、
家族の一員である大切なワンちゃんを、
私を信頼し託して下さることを、何より嬉しく思いました。

動物病院やペットホテルで、
ワンちゃんを預かってはくれますが、
老犬になるほど、環境が変わると体調が悪くなったりしますから、
いつも散歩している所で、普段通り暮らすということが叶えば、
ワンちゃんもストレスが少なくて済むと思っています。

わが家も、息子が海外で挙式をすることになった時に、
お隣さんの方から、「ワンコを預かりますよ」
と言って下さり、本当に有難かったことをよく覚えています。
お互いさまです。


17Jan24.jpg
話しは変わりますが、
実家の母は、最近とみに膝や腰の状態が悪くなり、
歩く姿からは、野菜作りに精を出しているおばあちゃんだとは、
想像がつかない程です。

それも家庭菜園どころの域でなく、
首都圏に住む孫たちにも野菜を送るほど頑張っているのです。

私は、そんな母に、
「私は買って食べるから、私の分だけでも楽をしてちょうだい。
無理をして、転んだら寝たきりになってしまうよ」
と、いつも言っていました。

わが家の子供たちもそれぞれの道に進み、
親としての責任も役割もなくなり、
それは有難いことなのですが、
知らず知らずのうちに、娘に頼り助けられる部分も多く、
反省交じりの寂しさも感じておりました。

ワンちゃんを託されて、
人に頼られること、微力ながらお役に立つことができること。
それって幸なことなんだと、改めて気づかされました。
心のもやもやも晴れていくようです。

母も、きっと、
娘や孫から「新鮮で美味しい野菜をありがとう」
そう言ってもらえる瞬間に、喜びや生きがいを感じているのでしょう。

母の身体のことを考えて、
「年なんだから、野菜作りもほどほどにしなさいよ」
と、今まで一方的に言っていた私ですが、
母の気持ちに少し寄り添えた気がします。
今度は、違う声かけができそうです(笑)

母も年齢を重ねた今、
今まで出来ていたことが出来なくなったと嘆くこともあるけど、
今出来ることを前向きに楽しんでいる姿は、
凄いなあと感心します。

頼られて、誰かの役に立つことができるって、
幸せに感じるものですね。

母が私によく言う言葉、
「その年齢に自分がなってみて、初めて気づくことが多いと。。。」

納得、納得。
私も年取った証拠かな(笑)


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。