FC2ブログ
先ごろ、天皇陛下が心臓の冠動脈バイパス手術を受けられましたが、
順調にご回復されており、大変喜ばしく思っています。

象徴として国民とともに歩むことを、
ご自身の信条として、
ご高齢でありながら、さまざまなご公務を積極的にこなされていましたが、
最近はご病気のために、控えられていたことも多かったようです。

担当した医師団は、
陛下が公務やテニス、研究活動などの日常生活がもっとできるよう、
「生活の質」の向上のための手術と、位置付けているようです。

この「生活の質」の向上こそが、「QOL」 (Quality of Life)。
一日も早く、陛下が希望されるご公務や日常生活を取り戻せますように、
心からお祈りしております。

ハート型のアイビー
1227.jpg

最近、母の難聴が進み、
話しが一方通行の時もあって心配しておりましたが、
やっと、補聴器のお世話になることを、
決断してくれました。

老いていく自分を真正面から受け止めることが、
母にとっても辛かったのか、
なかなか自分からは言い出さなかったので、
娘の私もあえて無理には勧めませんでした。

かくして、補聴器を装着した母は、
なんだか表情も明るくなって、とても楽しそうです。

私も妹も、大きな声で話す癖がついているので、
「そんなに大声でしゃべると耳にガンガン響くよ」と、
母から返され笑ってしまいました。

話の輪の中に入っても、
聞き取れないことが多くて、
きっと、母はいつも寂しい思いをしていたのでしょうね。
親戚にも電話で報告したみたいです

補聴器を装着することで、
人との交わりを積極的に楽しむことができるようになり、
これもまた、母の「QOL」の向上となったと言えるのでしょう。

1228.jpg



スポンサーサイト



WHAT'S NEW?