FC2ブログ
私が子供だった頃は、どこのお庭にもあった「矢車菊」。
花もその時代の流行のようなものがあるのでしょうね、
久しく見ることがなかったこの花に、出会うことができました。

以前は、「矢車草」と呼ばれていましたが、
ユキノシタ科の「矢車草」と混同しないように、
最近では、「矢車菊」と呼ばれることが多いのだそうです。


1269.jpg

あのツタンカーメン王の棺には、
矢車菊、蓮、オリーブなどで作られた花輪が載せられていたそうです。

太古の昔から存在し、王の死を弔って手向けられたという矢車菊。

愛する人の死を悼み、花を手向けるという行為は、
いつの世も変わりないものなのでしょう。

素朴で目立たない花ではあるけれど、
幾多の時代を生き抜いてきた花に、
私はロマンを感じずにはおれません。

1270.jpg

子供だった頃が妙に懐かしく思出だされた、この花との出会い。 

時はどんなに流れても、数々の思い出は褪せることなく、
今も私の心の中に残っています。


スポンサーサイト



WHAT'S NEW?