FC2ブログ
本格的な冬の到来に備えて、
夏の間に大きく成長し、
伸び放題になっていたハーブたちを、
形を整えながら、綺麗に剪定しました。

晩秋の短い日差しの中で、
健気に咲くハーブの花を
そのまま捨てることもできずに、
バスケットの中に、
そっと入れてあげました。


ハーブバスケット(11月中旬)
1311.jpg

ピンク色のお花は、エキナセア、
ブルーの星形のお花は、ボリジ、
オレンジ色のお花は、ナスタチウム、
左側の白い小さなお花は、ナツメグゼラニウム、
その後ろに見える赤色のお花が、チェリーセージ。


花以外にも、
葉っぱの形状や色の濃淡の違いもあって、
いつもの食卓が、パッと明るくなりました。

葉っぱのみのハーブは、
セントジョーンズワート、
セージ、
タイム、
フレンチラベンダー、
イングリッシュラベンダー、
レモングラス、
レモンバーム、
レモンバーベナ、
オレガノ、
バジル、
ヤロウホワイト、
マジョラム、

可愛い赤い実をつけたものが、
ワイルドストロベリー。


私が初めて植えたハーブは、
確かローズマリーだったと記憶しています。

私の尊敬するアロマ&ハーブの先生が、
繰り返し言われる言葉があります。

「植物の持つ有効成分が濃縮された精油を使っていても、
実際、どんな植物から抽出されているかを知って欲しいし、
毎日の生活に取り入れて、
体の中から健康になってもらいたいと・・・。」

一鉢からのスタートでしたが、
今や、我が家の小さな庭には、
様々な種類のハーブたちがひしめき合っています。

朝一番にハーブたちと「おはよう」の挨拶を交わし、
成長の過程を眺めたり、世話することが、
私の楽しみの一つとなっています。

育てたハーブは、
お料理やティータイムを楽しんだり、
クラフト作り、美容などにも利用できて、
毎日の生活に彩りを添えてくれています。


ポポラス
1314.jpg
ポポラスとは、丸葉ユーカリのこと。
この種は、精油を抽出する種類ではないそうです。

11月の講座で、リースに使おう思い買い求めたものの、
予定変更したので、こんな風にしてみました。
お花と違って結構長い間楽しめますよ。



スポンサーサイト



WHAT'S NEW?