FC2ブログ
春を彩る花々は、
暖かな陽の光を浴びて、
美しい花を次々と咲かせています。

待ち望んだ春を謳歌しているかのように、
そして、はかない命を愛おしむかのように・・・。


はなかんざし
15Mar08.jpg



ノースポール(白いお花)
15Mar07.jpg



ビオラ
15Mar06.jpg




アリッサム
15Mar05.jpg



マトリカリア
15Mar03.jpg



サイネリア
15Mar04.jpg


花柄を摘んでいると、
ビオラの甘くかぐわしい香りが
風に乗って漂ってきました。

玄関横の花壇に、
ビオラをたくさん植えるようになって、
ビオラに香りがあるのだと新たな発見がありました。

ビオラは香らないと、
私は思い込んでいたものですから、
嬉しくて何度もその匂いを確かめたものです。

いつか読んだ熊井明子さんのエッセイに、
桜の花は香らないと思い込んでいたのに、
ある時、ほのかな香りがあることに気付かれたそうです。

そして、
花だけでなく、人に対しても先入観にとらわれず、
良いところ(香り)を見るようになって、
人間関係に良い変化があったそうです。

桜の花の香りの一件から、
自らを省みる熊井さんの謙虚さ。
見習わなければいけませんね。

熊井さんのエッセイには、
自然や植物への敬意や愛情が溢れていて、
いつも優しい気持ちになるのです。

桜にも香る品種があるなんて、
こんな素敵なお話をすっかり忘れていたので、
近くの公園の桜に会いに行ってみようと思います。



スポンサーサイト



WHAT'S NEW?