FC2ブログ
今朝、庭に出てみると、
美しい羽根をした珍しい虫がいました。

一見してコガネムシの仲間だとは思いましたが、
この年になって初めて見たもので、
早速、ネットで調べてみました。

15Aug07.jpg
[ヤマトタマムシ]
体長:30~40mm
成虫はエノキやケヤキの葉を食べ、寿命は約2か月。
日本の甲虫の中で最も美しいといわれ、
背中に虹のような赤と緑の縦縞が入っている。

天敵である鳥は、「色が変わるもの」を怖がる性質があるため、
玉虫色に輝く羽根は、鳥を寄せ付けないように保身の役目もあるのだとか。

ヤマトタマムシの羽根は死んでも変色しないため、
法隆寺宝物「玉虫厨子」の装飾としても使われているそうです。

近年は個体数も減ってきており、
他県では絶滅危惧種にも指定されているようです。

[長崎大学教育学部准教授、大庭伸也氏監修
『生き物図鑑』より抜粋]

大分弱っているようだったので、
そっと葉っぱの上に移動してやりました。

最期の時を我が家で迎えるためにやってきたのか、
お昼過ぎに行ってみると、その短い命を終えていました。

暑い夏の、短くもはかない出会いでした。



スポンサーサイト



WHAT'S NEW?